前ページの下線部分だけでなく、他にも多少書き換えています。
指数計算に馴れていない高校1年生には、これでも難しいでしょう。
                                      IMD


※上記解法は基本的で重要な考え方ですが、シンプルな別解もあります。

下記は昭和63年度の東大入試ですが,当時は東大入試史上最も難しいと言われた
難問です。予備校の解答も場合分けが多岐に渡り,非常に難解なものでした。
最近は洗練された解答が掲載されているようですが,それでもやはり難解なものです。
ところが,これは,ある見方をすると意外にも比較的シンプルな解法も考えられます。
このような解法は,これまでどの出版社の本にも掲載されていないようなので、
まだ清書しておりませんが掲載しておきます。
※東大入試には正四面体の問題がよく出題されてきましたが,この問題に限らず,
  このような見方をするとシンプルな解法が得られる場合が多い。